みんなに怒られ日記

怒られ 静と動 身近な日の日記

大学受験

今週のお題「試験の思い出」

 

面接試験のとき、私は集団面接でした。

スーツを身にまとい、カバンを持ち受験番号を呼ばれて、エレベーターに乗る。

 

面接会場の部屋を目の人から順番にノックして入っていく。

私も入った。

 

面接が始まる。自己紹介から始まり、

いくつかの質問を受け、

 

そこから忘れもしない。

 

「大学での目標は何ですか。」

 

一人目が話し出したら、、、

 

♪~(何かのメロディ)

 

 

私は心の中で、(誰だ、音楽ならしているやつ??)

 

...聞き覚えのあるメロディ

 

 

 

私の携帯だった。

 

そこからの記憶がほぼない。

 

ただ一つ覚えているのが、

マキシマムザホルモン」が流れなくてよかったという気持ち。

 

 

ちなみに大学は合格しました。

お風呂でYouTube見るでしょ!

f:id:xwinp:20211008231212p:image

 

今週のお題「お風呂での過ごし方」

 

 

 

 

 

つかるまでのルーティン

 

一人で湯船につかるときは、

まず、つかるまでに頭から洗います。

つぎに、顔を洗って、体を洗ってーー

 

湯船につかります。

 

 

温度は38度

半身浴と首の間くらい、胸がつかるくらいが

とても心地よいです。

 

(湯船のふちに首が引っかかる感じが理想)

 

ここからが一番の極楽

湯船の蓋の上に

ジップロックにいれた携帯で

YouTubeを見る。

 

ウトウトしながら、ゆったりつかります。

最高のおうちのお風呂の過ごし方です。

 

 

お風呂での思い出

疲れを取るためのお風呂で

高校時代は部活動で疲れた体を

温めるために、つかっていましたが

 

気が付いたら、2時間くらい経つことは

割とありました。

「気絶」というやつですね。

 

いまでこそ、笑い話にはなりますが、

一歩間違えたら、どうなっていたことやら。(笑)

 

疲れすぎているときはお気を付けください。

 

 

温泉に、、、

 

最近は、温泉や岩盤浴にも行きにくい、

または、行くことが出来ない月日が続きました。

 

たまには、おうち以外でも羽を伸ばしたくなる

記事を書いててそんなことを思いました。

 

ほいでは。

 

欲を出した結果

f:id:xwinp:20211007222147p:image

 

欲は出したことはありますか?

 

私は欲を出した結果、

 

見事に失敗しました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

概要

 

では内容に入っていくのですが、

まず、どんな内容かと言いますと

「野球の三振を取りに行く」というものでした。

 

 

草野球が今年最後の試合だったということで、

ピッチャーだから、最後の試合の最終打者は、

三振で仕留めたい!!

という気持ちになりました。

 

試合内容

 

初回から最終回までは、打たせて取るという

ピッチングで、1失点で抑えていました。

 

そして、2アウト1塁2塁

最後のバッターに全力で投げました。

ヒットを打たれ、点を取られる始末。

アウトにできませんでした。

 

交代してもらい、サードゴロに打ち取ってもらい

見事勝利しました。

 

 

欲を出した代償

最後のバッターに対して

全力で投げた結果、

 

隠し隠ししていた、

肩の痛みが再発してしまい、

1週間経っても緩い痛みが

残っている状態です。

 

関節痛のイラスト(肩)

教訓

今回学んだことは、

「いつも以上は、

 いつもしていなければ

 いつも以下になる。」

 

 

普段からしていないことを

いきなりすると、良い結果にはなりませんでした。

 

できるなら、いつでもできる準備を

しておくことが重要であると学びました。

 

ほいでは。

モノマネをするメリット

f:id:xwinp:20211006202336j:image

 

皆さん、ものまねしてますか?

 

意外とものまねって重要なんですよね。

私がしてた、野球や書道って模倣からはじまります。

 

 

 

模倣

・他のものをまねること[1]。似せること[1]。
・他者の行動と同様・同類の行動をとること。
 学習、さまざまな技能の習得、社会的流行など、

 多くのことが基本的にこのかたちをとる。

・対義語は創造。

模倣 - Wikipedia引用

 

というように、学習する前提にものまねをすることは

良いことだと思います。

 

対義語は創造?

私は対義語は創造ではないと思います。

定義上は、対義語で良いと思います。

 

しかし、たくさんの模倣があり、経験があって

はじめて創造ができるものだと思います。

 

模倣するメリット

見たり聞いたり身体を動かしたりしながら

外からの情報を取り込んでいきます。

この経験が様々な刺激や経験を吸収しやすくさせます。

 

これは、どんなことにもにも当てはまります。

 

 

ものまねの大切さ

無から何かを作ることは、まず私はできません。

スポーツやそれ以外もそうです。

他に言えば、料理とかもクックパッドなどを見て作ります。

そこから、情報を仕入れて組み換えして創造する流れになります。

 

最初から出来たら神様です。

上記にも書いた通り、

情報が何もない状態から何かを生み出すことが出来たなら

あなたは神様です。

 

なぜ模倣?

人のマネをすることが新しい自分につながるとも言われています。

新しい行動を学ぶための重要なものです。

外から情報を取り込み、学ぶ力が育ちます。

 

 

創造

たくさんの模倣から、自分自身が使いやすいもの

より良いものを組み上げてあげると、

不思議なことに、模倣では無く「オリジナル」の完成です。

 

 

 

 

最後に

型を会得した人間がするのを「型破り」と言う。

  そうでなければ、ただの「形無し」なんだ。

 

          中村勘三郎

 

という言葉があります。

最初は真似をしまくってください。

似ていなくてもかまいません。

 

いきなり、オリジナルは目指さなくていいと

私は思います。

いずれなるものですと断言します。

 

ほいでは。

自衛隊パワハラの実態

f:id:xwinp:20211005210903p:image

10月4日の#news23自衛隊パワハラ問題を見ました。

 

 

※いじめについて、書きますのでご注意ください

 

 

 

 

昔話

 

私の昔話から入るのですが、

中学生時代は、漫画やアニメにあるような

いじめを受けていたことがあります。

 

※今はもう過去の経験として、

 何かトラウマがあるとかはないので

 ご安心ください。

 

 

いじめ概要

 

f:id:xwinp:20211005200627j:plain



実際の話、中学校で私は最初に起きたのが

机への落書きでした。

「きもい」「〇ね」などの

一般的で代表的な定型文から始まりました。

 

そこから、次第にエスカレートをしていきました。

  • 落書き
  • 物がなくなる
  • 教科書が捨てられる
  • 机が教室から無くなる
  • 体操服の入れ替え
  • etc.

 

疑問

 

その当時から、なんでそんなことするのだろう?

という疑問を感じていました。

また、私だけなら何とかなるか?

と楽観視していました。

 

しかし、

特に最後の体操服入れ替えの件に関しては、

自分以外にもう一人被害者がいると分かったので、

 

当時の担任の先生に相談することにしました。

 

和解?

すぐさま、先生は帰りの連絡で対応してくれました。

そのおかげで1時間くらい下校時間が伸びましたが(笑)

 

まず、いじめの当事者と実行者を名乗り出てくるまで、

待つという根気のいる方法でした。

 

最初はおちゃらけた雰囲気でしたが、

時間が経つにつれて先生の本気を感じ取り

名乗り出てくれました。

その後、私の場合は保護者同伴の元、

私の家に先生と謝罪しに来るという形で、

解決になりました。

 

おかげで、友達を自ら手放しました。

同級生すべてに不信感を感じたまま、卒業しました。

 

解決方法

約10年前当時のいじめの解決方法としましては、

先生に相談することで、大きな被害がない状態で収束しました。

 

正直、家族には相談できていなかったです。

 

後先のことは考えず、先生に相談してよかったと思います。

そのあとは、変な人のように振る舞い誰も近づかないようにしました。

自らも、よっぽど信用できる人ではない限り

遊ぶことなどはしなかったです。

 

自分が好きなことや熱中していることに

重きを置くことにより、忘れていました。

 

あと、

「好かれる2-どちらでもない8-嫌い2」の法則に

割と心は救われました。

中学校は、嫌われるの2割すべてなんだ。

あとは好かれるか普通やん。とお気楽モード

 

参考になるかはわかりませんが、こんな感じですかね。

 

 

 

自衛隊パワハラの件

 

正直、歳関係ない入隊した順番による上下関係

完全にカースト制度ですよね。

 

今まで明かされなかったくらい閉鎖的な場所である。

 

 

いじめがないほうがおかしいですね。

 

客観的

 

客観的に見て、

出る杭は打たれるし、

カースト制度から外れるものは

制裁や罰せられる。

そこに対しては何をしてもよい

はずが無い。

 

それを、いじめってい言います。

 

 

主観的

 

主観的には、

統率を取っていると思って

優越感を得ているのでしょう。

上に立つことは、とても居心地が良いと思います。

知らんけど。(他人事)

 

まとめ

 

私は、罰を与えることは、アリだと思います。

そうしなければ、下はつけあがるし、統率は取れません。

しかし、1人に対して、寄ってたかってくるのはなしです。

 


他により良い方法があると思います。

 

 

ニュースで言っていましたが、

氷山の一角でしかないと思っています。

 

もっと明るみに出て、自分の保身をするのではなく

本当の意味で自国を守ってくれる存在に、

なっていただけたらと思います。

 

 

ほいでは。

 

 

自分の意見と客観的な意見の違い

f:id:xwinp:20211004204901p:image

 

自分の中で「これが良い」と思うことは

ありますか?

 

私は、趣味であることに関しては、

これが良いと思うことはあります。

 

興味のないことは、、、何でもいいかな。(笑)

 

 

 

今回は、自分の意見が良いと思っていて

現場にいた人は、賛成してくれましたが、

現場にいなかった人は、違う意見で驚きました。

 

なぜなのでしょうか。

 

 

感覚的な話をすると、

実際にしてみて感じる場合と

見ただけで、できるだろうと思う場合に意見が

分かれることが多いと思います。

 

 

見ただけの場合は

時間計算上や理論的には、こうすればこうなるだろうと

あくまで、だろうという憶測にすぎません。

 

してみた場合は

時間計算や理論は通じないことのほうが多いと思います。

イレギュラーが必ずと言っていいほど起こる可能性が高いためです。

 

 

xwinp.hatenablog.com

 

その立場になって学ぶことが出来るということに

限りなく近い状態だと思います。

 

 

 

感じてもらって改めて意見を聞きたいです。

 

 

 

私がいつも何か腑に落ちないと思っている内容でした。

 

ほいでは。

 

 

本業とブログの両立

f:id:xwinp:20211003103828p:image

今週のお題「今月の目標」

 

おかげさまで、年末に向けて動き出した仕事さんが、

ブログに牙をむいてきます。

 

 

 

ブログを始めだしてから、

なぜか仕事の取り組みに参加させていただく機会が多くなりまして。

それこそ、労働組合のスタッフになるだとかetc.....

 

 

とてもうれしいことなんですよ。

しかし、私はブログもしたいんじゃ!

 

だって楽しいから!!

 

少しずつですが、

はてなブログの皆さんと繋がることが出来ましたし、

 

Twitterでも色々教えていただいたりと、

新しいことにチャレンジしてみて

ワクワクしています。

 

だからこそ、今月は

「本業とブログの両立」

を目標に頑張っていきたいと思います。

 

 

xwinp.hatenablog.com

趣旨は少し違いますが、楽しいから続けることが出来ています。

 

 

まだまだ、書道と言いますか、字の書き方のことであったり、

趣味のことであったり、書きたいことはたくさんあります。

 

だからこそ、時間を無駄にしないために

今月の目標にむけてはてなブログを頑張りたいと思います!

 

ほいでは。